デメキンの未来旅行

セカンドライフを楽しむ為に、いまからシミュってます。

夜の金沢と金沢おでん

いつも、このブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます。

今日もできるだけ、皆さんのお役になる情報や、気分転換になるようなものを投稿していきたいと思っています。

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

前回、日中にお茶屋街を回っていきましたが、今回は夜の金沢で『金座おでん』を肴にして、飲んでいきたいと思います。

香林坊

まずは、金沢の繁華街といえば、香林坊という地区になります。

香林坊』という特徴的な地名の由来は、戦国時代に遡り、このあたりで薬問屋を営んでいた向田家に比叡山僧侶『香林坊が婿養子に入った事がきっかけです。

その向田香林坊が目薬の製造販売で財をなし繁栄して行ったというのが有力な説のようです。

繁華街の地名が、お坊さんの名前が由来というのは、奇妙な感じがしますね。

さて、その香林坊地区は、金沢の玄関口の金沢駅からは離れています。

これは、鉄道が走る前から栄えていた金沢の繁華街には、駅を作るだけの土地がなかったようです。さすが加賀百万石の中心ですよね。

江戸時代には、金沢城に近い地の利を生かして発展していました。

いつの時代も、行政や多くの人が働く企業の近くは、繁華街として栄えるんでしょうね。

明治時代になると、近くに旧制第四高等学校が開校したことから、学生向けのカフェや映画館などが集積することとなり、北陸最大の繁華街となったとの事です。

金沢おでん

HPよりお借りしました

金沢を代表するグルメの『金沢おでん』の定義というのは2つあるそうで、1つ目は「金沢の食材を食材を使っていること。」2つ目は「一年を通して食べられること。」だそうです。

代表的なおでんダネは、車麩、赤巻、ふかし、バイ貝、カニなどでしょうか。

他にも加賀野菜を使った、ヒロズなども美味しそうですね。

特にカニは、11月から1月くらいまでの季節限定のおでんダネになるので、その季節は必ず食べたいですね。

おでんのツユは、優しい出汁の聞いたツユのようです。(飲み干したい!)

では、お店の方に向かって行きましょう。

赤玉 本店

HPよりお借りしました

最初に向かうのは老舗の有名店『赤玉 本店』です。

こちらは、香林坊から少し歩いた繁華街『片町』スクランブル交差点のところにあるお店です。

店内は1階と2階にカウンターや小上がりの席がありますが、2階は予約限定の席のようです。

人気店なので、予約していったほうが良さそうですね。

こちらでも定番のおでんの車麩やバイ貝、大根を食べて行きましょう。

やっぱり出汁の染み込んだ車麩や大根は絶品ですね。

他にも土手煮はお酒の進むしっかりした味付けです。是非食べていきましょう。

最後にごはんセットを頼んで、おでんの出汁で炊いた『茶飯』を頂いて次のお店へ向かいます。

おでん居酒屋 三幸

 

こちらのお店『おでん居酒屋 三幸』さんも人気店のようで、行列のできるお店です。

おでんも上品な出汁で、しっかりと染みた大根や車麩も美味しいようですが、こちらの居酒屋メニューも人気のようです。

ここの名物は『とろろの鉄板焼で、すりおろした長芋とぶつ切りの魚介類を鉄板に流し込んで、トッピングにチーズをのせて焼き上げたものです。

少し焦げたところを小削ぎながら、ビールで流しこんで食べると最高です。

 

夜のお店をはしごして、アルコールの満タンに充填できたので、そろそろ宿に戻っていきましょう。

明日は、金沢を離れて、能登方面へ向かっていくことにします。

やっぱり楽しみは『千里浜なぎさドライブウェイ』ですね。

では、また次回によろしくお願いします。

 

 

金沢のお茶屋文化

いつも、このブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます。

しばらく投稿をサボってしまいました。

今日からまた、がんばります。😅

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

今日は、ホテルで朝食をとって、金沢市内の観光へ行きましょう。

ちなみに宿泊先の『ドーミーイン金沢』の、朝食に出てくる『ご当地一品料理』は、『海鮮丼』と『ハントンライス』です。

当然、美味しく頂きました。

では、早速、行ってみましょう。

まずは、金沢の繁華街近くにある、『長町武家屋敷跡』へ向かいます。

長町武家屋敷跡

『長町武家屋敷跡』は、江戸時代に藩士が暮らしていた武家屋敷が立ち並ぶ地区です。

昔ながらの土塀や石畳の小路が残っていて、この地区を歩いていると、当時の武士が金沢城へ登城する時に歩いていたかのような感じに思えてきます。

ここは、人の少ない午前中に来る方がいいみたいですね。

冬になると、武家屋敷の庭木を吊る『雪吊り』と土塀にかける『こも掛け』は、とても風情がありますね。

武家屋敷跡を1時間ほど写真を撮ったりしていると、ちょっと早いですが、近江町市場で念願の海鮮丼を食べに行きましょう。

海鮮丼

昨日に引き続き近江町市場にやってきました。

今日は『おみちょ』こと『近江町市場』で本命の『海鮮丼』を食べていきたいと思います。

『近江町市場』で海鮮丼を提供されているお店はたくさんありますが、どこもレベルが高く人気のお店です。

今回、お世話なるお店も超人気店でいつも行列ができているお店の様です。

『廻る近江町市場寿し 本店』

『廻る近江町市場寿し 本店』は、『近江町市場』内に、『廻る近江町市場寿司 本店』『廻る近江町市場寿司 支店』『海鮮丼いちば』の3カ店のお店構えています。

オススメの海鮮丼は『大名丼』です。3000円超のお値段ですが、丼からはみ出るほどに盛られた海鮮は、『ノドグロ』や、『白エビ』『ボタンエビ』などが、豪勢な丼です。

どのネタも新鮮で食べごたえ抜群のボリュームですね。

『近江町市場』で海鮮丼を堪能したあとは『ひがし茶屋街』へ行きましょう。

ひがし茶屋街

金沢には『ひがし茶屋街』『にし茶屋街』『主計町茶屋街』の3つの茶屋街が残っています。

お茶屋というのは、江戸時代から続く、旦那衆が芸姑の舞や三味線などの遊芸を楽しむ場所です。

ここ『ひがし茶屋街』は、江戸情緒溢れる町並みが保存されている地区です。

「木虫籠(きむすこ)」と呼ばれる建築が特徴的です。

『ひがし茶屋街』の中には、国指定重要文化財『志摩』という、一般公開されている建物もあります。

ここでは、建物の中でお茶や和菓子を頂くこともでき、江戸時代の建物中で江戸時代雰囲気を味わう事もできます。

主計町茶屋街

 

『ひがし茶屋街』から浅野川を挟んだ対岸にあるのが『主計町茶屋街』です。

こちらの『主計町茶屋街』は、明治時代初期にできた茶屋街で、3つの茶屋街の中でいちばんこじんまりとした茶屋街です。

こちらは、『主計町茶屋街』は、春のサクラの時期には、情緒ある町並みと川辺に咲くサクラがとても印象的です。

にし茶屋街

3つの茶屋街でひとつだけ離れているのが、『にし茶屋街』です。

『にし茶屋街』は、三茶屋街の中で一番芸妓さんが多く所属しているようです。

料亭も多く、運が良ければ夕方に道端で芸妓さんを見られるかもしれません。

 

今回は、リハビリを兼ねての投稿になるので、ここまでになります。

次回は、香林坊地区の夜の街へ繰り出したいと思います。

 

 

 

 

 

 

金沢駅で楽しむ金沢グルメ

いつも、このブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます。

今日もできるだけ、皆さんのお役になる情報や、気分転換になるようなものを投稿していきたいと思っています。

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

今回は、金沢駅周辺のグルメ回になる予定です。どうかよろしくお願いします。

宿泊する『ドーミーイン金沢』から、金沢駅までは徒歩5分程度です。

金沢駅

まずは金沢駅です。

金沢駅は『世界で最も美しい駅』の一つです。

世界で最も美しい駅というのは、ベルギーのアントワープや、イギリスのセント・パンラクス駅など14駅が選ばれています。金沢駅はその中の一つです。

金沢駅でもっとも荘厳で印象的に出迎えてくれるのが『鼓門』でしょう。

ほっと石川旅ネット様より提供

金沢の伝統芸能である能楽に使われる『鼓』をイメージした門です。

更に、その奥の幾何学模様のガラス天井がひろがる『おもてなしドームは、駅を降りた人へ傘を差し出すおもてなしをコンセプトに作られたそうです。

ほっと石川旅ネット様より提供

金沢では『弁当忘れても傘を忘れるな』という言葉もあるほど、降雨量が多いそうです。

この『鼓門』『おもてなしドームも、フォトジェニックなスポットです。

夜も日没から0時までライトアップされています。

さて、さっそく食事をしていきましょう。

金沢駅のショッピングモール『金沢百番街』にある、『金沢まいもん寿司』でお寿司を食べにいきましょう。

金沢まいもん寿司

金沢といえば、やっぱり回転寿司が美味しい事で有名ですよね。

なかでも『金沢まいもん寿司』は、『日本一ゴージャスな回転寿司屋』とも言われるお店です。

金沢や能登の漁港から1日に3、4回も直送される魚介類は、水揚げから30〜40分でレーンに並ぶほど新鮮そのものです。

金沢駅店は、回転寿司ではなくカウンター席のみのお店になっています。

クオリティは、他の回転寿司の店舗と変わらないので、カウンター席でのんびり食べていきたいと思います。

ディナーメニューは、握りのセットが中心ですが、一貫握りもありますので、お好みのものを食べていきましょう。

握りのセットを食べて、もう少し食べたいところですが、駅ナカの他のお店にも行ってみたいので、次のお店に向かいましょう。

かなえきのちくわ

HPよりお借りしました

金沢駅『金沢百番街 あんと西』に、『かなえきのちくわ』という、カウンター席でお酒とおでんをライトに楽しめるお店で、軽く日本酒を楽しんで行きましょう。

もちろん、おでんも頂いていきます。

まずは、日本酒ですが、「特選日本酒唎酒セット」を頼んでみました。

これは、日本酒3種と肴が2品ついたお得なセットです。

いろんな日本酒を飲み比べしながら楽しむ事ができますね。

こちらのおでんの特徴は、なんと言っても出汁です。

『ちくわ』の目指しているおでん出汁は、『飲み干せる出汁』だそうです。

優しい味わいで、旨味がしっかりとしている出汁は、ほんとに美味しいですね。

おでんのオススメは、たまごにイクラがのった、『ちくわのたまご』だそうです。

鶏と鮭のダブル卵が、味も見た目もインパクト十分です。

HPよりお借りしました

それに、自慢の出汁で炊いた『茶飯の魯肉飯』。これも、めちゃくちゃ美味しそうです。

ちびちびと日本酒とおでんを楽しんで、締めに魯肉飯って感じでしょうか。

想像だけでも、よだれが出そうです・・・

 

金沢駅で、金沢グルメを楽しめたので、ホテルに戻って明日のために、早めに休むようにしましょう。

 

明日は、『ひがし茶屋街』『主計町茶屋街』と周って『近江町市場』『海鮮、夜は香林坊地区で『金沢おでん』などを楽しむ予定です。

明日も王道観光ルートですね。

 

 

 

金沢 王道観光スポット

いつも、このブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます。

今日もできるだけ、皆さんのお役になる情報や、気分転換になるようなものを投稿していきたいと思っています。

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

今回は、金沢観光の王道スポットの回となります。みなさんお馴染みのスポットになりますが、よろしくお願いいたします。

兼六園

兼六園は、水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)と並ぶ、日本3名園の一つです。

日本3名園は、いずれも江戸時代に大名によって作られた庭園です。

兼六園加賀藩前田家、偕楽園水戸藩徳川家、後楽園は岡山藩池田家の大名が造った大名庭園です。

兼六園 ほっと石川旅ネット様より提供

景観を表す『宏大(こうだい)』『幽邃(ゆうすい)』『人力(じんりょく)』『蒼古(そうこ)』『水泉(すいせん)』『眺望(ちょうぼう)』という『六勝』という言葉があるそうですが、兼六園はそのその『六勝』がすべて兼ね備えた庭園という事で名付けられたそうです。

私も5,6年前に息子と二人で金沢旅行に来た時に、訪れたことがありますが、『兼六園』の広さには予想外でした。

兼六園』で庭園のディープな世界を堪能したあとは、お隣にある『金沢城公園』へ向かいたいと思います。

金沢城公園

金沢城公園 ほっと石川旅ネット様より提供

兼六園』と『金沢城公園』の位置関係は、まさにお隣です。

それは当然ですよね。

兼六園』を造った前田家の居城が金沢城なのですから、庭が居城の隣にあるのは当然の事なのです。

金沢城』は、度重なる火災によりその様相は、いろいろと変化していったようです。

加賀藩前田家の居城だった金沢城は、明治2年までその役目を果たしていました。

明治以降から終戦までの間は、陸軍が拠点として利用していたとのことです。

その後は金沢大学がキャンパスとして利用していましたが、金沢大学の移転によって『金沢城公園』として整備が進んで、菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が復元がされました。

金沢城公園 ほっと石川旅ネット様より提供

私が訪れた時も、整備された金沢城公園は、とてもきれいな施設が整備されていて、観光しやすかった印象です。ここも『広い』という印象です。

五十間長屋は、内部も見学する事ができます。

さて、広い『金沢城公園』を観光した後は、歩き疲れてしまいそうですが、次の観光スポットも近くにあるので、強制的に観光です。

次の目的地は『金沢21世紀美術館』です。

金沢21世紀美術館

レアンドロのプール

金沢21世紀美術館』は、現代アートを展示した美術館です。

全国的に人気の高い作品は、レアンドロ・エルリッヒ作の《スイミング・プール》(通称レアンドロのプール)ですね。

おそらくみなさんもご存知の作品だと思います。

でも、プールの中に入っている自分を撮影したりするには、誰かと一緒に行かないと無理なので、『お一人様』には楽しみ半減になるかもしれませんね。

他にも『ラビットチェア』など、フォトジェニックな展示物が沢山あるので、是非行ってみたいですよね。

他にもいろいろな展示会が開催されていますので、いつ訪れても楽しむ事ができるスポットですね。

 

さて、王道の観光地を周ってきましたが、本当に観光地がコンパクトにまとまっていますよね。

いったん、ホテルに戻って休憩して、夕食に向かう事にしましょう。

夕食はホテル近くの金沢駅で食べようと思います。

 

近江町市場でいただく立ち食いランチ

いつも、このブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます。

今日もできるだけ、皆さんのお役になる情報や、気分転換になるようなものを投稿していきたいと思っています。

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

いよいよ、北陸観光の中心地『金沢』へ向かっていきます。

小松市内からは、北陸自動車を利用して約50分で到着する事ができます。

朝早くから東尋坊を出発してから、あまり食べてないので、遅めのお昼を食べに行きましょう。

まずは、宿泊するホテルに相棒の車を停めてから向かいます。

宿泊予定地は、おなじみの『ドーミーイン金沢』です。今夜も『夜鳴きそば』を楽しみましょう。

そのまえに、金沢で食事といえば、一番に思いつくのが近江町市場でしょうね。

近江町市場

近江町市場 ほっと石川旅ネット様より提供

金沢市民の台所『近江町市場』通称『おみちょ』は、市場開設から300年を超える、市民と共に栄えた市場です。

海鮮丼や、魚介類の印象が強いと思いますが、青果店精肉店、もちろん飲食店も沢山のお店が連なる市場です。

今日は軽めのお昼にしたいので、食べ歩きでいろんなもの食べたいと思います。

どじょうの蒲焼き

どじょうの蒲焼き photoACより

まず最初に『川木商店』さんの『どじょうの蒲焼き』を頂きましょう。

『どじょうの蒲焼き』は金沢名物で、タンパク質やカルシウムが豊富で、特にカルシウムはうなぎの9倍もあると言われています。

ここ『川木商店』さんの『どじょうの蒲焼き』は、甘辛いタレがお酒ともあって、とても美味しいです。しかも1本120円という超コスパ食品です。

こちらでは、『生牡蠣』も売ってあるので、ビールと一緒に楽しみましょう。

大口水産ヤキヤキコーナー

ここでは、紋甲イカ下足、ノドグロ塩焼き、丸ニシ貝などをテーブルに座って食べる事ができます。

いろんなものを食べる事ができる場所ですよね。

しかも串は1本200円からあり、また生ビールも頂くことできますので、是非いってみましょう。

つづいて向かうのは、『いっぷく屋』です。

いっぷく屋

金沢おでん photoACより

『おみちょ』で食べれる『金沢おでん』のお店『いっぷく屋』さんでは、昆布出汁の塩ベースのおつゆに、大根やバイ貝、車麩、カニ面など近江町市場で仕入れた具材がたくさんあります。

おでん以外にも、北陸の地酒も揃うお店ですので、地酒と一緒にたべる『金沢おでん』は、なんとしても試してみたいですね。

いろいろ食べて行きましたが、他にも美味しいものが沢山食べ歩きできる、素敵な市場ですね。

最後に、デザートで『フルーツ坂野』さんで、生ジュースを飲むか、『すゞめ 近江町市場店』で、ぜんざいを頂くもいいかと思います。

 

今回は、遅めのお昼だけの投稿になりましたが、次回は、お昼を食べた後の散策を兼ねた兼六園』『金沢城公園』『金沢21世紀美術館と周っていきたいと思います。

金沢は、観光スポットがコンパクトにまとまっていて、本当に観光しやすい都市ですね。

 

 

 

石川旅のはじまりです。

いつも、このブログに立ち寄って、頂きありがとうございます。

本日は、鶴仙渓からのスタートです。

今日もできるだけ、皆さんのお役になる情報や、気分転換になるようなものを投稿していきたいと思っています。

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

土産物店もまだオープンしていない『東尋坊』の観光を終えて、いよいよ石川県に入って行きましょう。

石川県の最初の目的地は、加賀市鶴仙渓です。

鶴仙渓

鶴仙渓 ほっと石川旅ネット様より提供

鶴仙渓は、山中温泉にある渓谷です。

大聖寺川中流域で、上流に架かる『こおろぎ橋』から下流『黒谷橋』までの約1kmの区間をいいます。

渓谷沿いには遊歩道が整備されていて、川沿いをそぞろ歩きなどを楽しむ事ができます。

川床 ほっと石川旅ネット様より提供

4月から11月までは、川床も設置され、自然豊かな渓谷で川の音をBGMにして、お茶や、昼食を楽しむことができます。

『川床』には、食べ物や飲み物の持ち込みは可能となっています。

オススメは、川床弁当を提供している飲食店からテイクアウトして持っていくのがいいようです。

また、山中出身の和の鉄人として知られる道場六三郎さんが監修した、ロールケーキも美味しそうです。

こおろぎ橋 ほっと石川旅ネット様より提供

あやとり橋 ほっと石川旅ネット様より提供

鶴仙渓では、総檜造りの『こおろぎ橋』や、独特なデザインの『あやとり橋』、重厚な造りの『黒谷橋』などが、自然と一体になった美しさが目をひきますね。

鶴仙渓で、ゆったりとした時間と、川の音や目に映る新緑で心が癒やされたあとは、次の目的地に行きましょう。

滝ヶ原アーチ石橋群

滝ヶ原 ほっと石川旅ネット様より提供

次の目的地は、小松市『滝ヶ原アーチ石橋群』です。ここは、撮影目当てだけのポイントなので、簡単に行きましょう。

鶴仙渓からもそんなに離れてはいませんが、小松市に入って行くことになります。

滝ヶ原地区内を流れる宇谷川(うだにがわ)とその支流、西口川に架るアーチ石橋5橋を総称して『滝ヶ原アーチ石橋群』と呼ばれています。

もともと、滝ヶ原地区は、良質な凝灰岩の産地で、数多くの採掘場跡などが、あります。

その石の運搬などに使われた川に架かっている橋として、明治後期から石橋に使われたようです。

本州で、こういった石橋群が見られるのは珍しいようです。

九州などでは比較的多く見られるんですよ。有名なのは、宇佐神宮のある中津市の近く、院内町でしょう。

他にも有名なのは、長崎の眼鏡橋などがある中島川の石橋群です。

石橋って不思議ですよね。石を組んだだけの建造物なのに、何も吊ってもいないのに、石が空中に浮くんですからね。

左右対称の美しさが、写真に切り取ってみたくなるんですよね。

石橋の撮影が終わったら、いよいよ金沢市内に向かって行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

マグマが創った輝石の断崖 東尋坊

いつも、このブログに立ち寄って、頂きありがとうございます。

本日は、東尋坊からのスタートです。

今日もできるだけ、皆さんのお役になる情報や、気分転換になるようなものを投稿していきたいと思っています。

どうか、ゆるりと応援を、お願いいたします。

早朝から『鮎川園地キャンプ場』でのキャンプ道具を片付けて、東尋坊へ向かって行きましょう。

東尋坊

東尋坊 ふくいドットコム様より提供

宿泊地の『鮎川園地キャンプ場』からは、車で30分程度で到着できます。

朝も早い時間ですが、東尋坊の観光はできるので、早速向かっていきます。

東尋坊を海から眺める遊覧船は、午前9時からの運行開始です。

今回は、陸から眺めるだけなので、朝早くから見て回りたいと思います。

まず、東尋坊は、越前加賀海岸国定公園内にある国の天然記念物です。

約1kmにわたって巨大な柱状節理が連なる海岸線です。

東尋坊海岸線 ふくいドットコム様より提供

東尋坊といえば、強い波風と断崖で冬の風景が思い浮かんで、火曜サスペンス劇場のクライマックスを連想します。

高い断崖を上から眺めるだけの観光地のようにも思えてしまいますが、東尋坊では、手すり等はないものの、崖の下まで歩いて降りる事ができます。

遊覧船も崖の下の桟橋から乗ることもできますし、下から眺める柱状節理の断崖を眺める方が雄大な自然を感じる事ができますので、是非、歩きやすい靴で東尋坊を楽しみましょう。

柱状節理

柱状節理 ふくいドットコム様より提供

東尋坊の成り立ちは、約1300万年前に、マグマが地表近くまで上昇して、地中の中が冷えて固まる中で、五角形や六角形の柱状に形成されました。

そして、その後に地殻変動などにより隆起して地表に現れ、波や風により、柔らかい部分が削られたり浸食されたりして、現在の東尋坊の様相になってきました。

ここ東尋坊の珍しい点は、『輝石安山岩の柱状節理』であることが大変珍しく、世界でも3箇所しかないと言われています。

他は、朝鮮半島金剛山スカンジナビア半島の西海岸の二箇所です。

東尋坊を観光した後は、お隣の『雄島』も観光をして行きましょう。

『雄島』東尋坊と同じようにマグマが作り上げた自然美である、『板状節理』が見られる島になります。

雄島 ふくいドットコム様より提供

『雄島』は、歩いて渡ることができるので、是非東尋坊と一緒に見に行きたい場所ですね。

 

東尋坊で、福井県の観光を終えて、いよいよ石川県に入っていきたいと思います。

石川県で最初の観光目的地は、加賀市鶴仙渓へ向かいたいと思います。

鶴仙渓あやとり橋

他にも『滝ヶ原アーチ石橋群』などを見て、金沢市内へ向かって行きたいと思います。

金沢市内はいろいろな観光地が沢山あるので、ゆっくりと見て回りたいと思います。

金沢の後は、『千里浜なぎさドライブウェイ』などを通って、能登半島を観光していきたいと思います。