デメキンの未来旅行

セカンドライフを楽しむ為に、いまからシミュってます。

『鳥取砂丘』観光の仕方

倉吉市から鳥取市までは、山陰自動車道を使って移動するのが一般的だと思いますが、ここは海岸沿いを走る国道9号線で向かっていきます。

やっぱり夕方に走る海岸線は、夕日がキレイで楽しいですよね。

よそ見せずに安全運転しながらも景色を楽しみましょう。

約1時間程度で鳥取市内に到着できました。

宿泊は予算節約のため、ゲストハウスにお世話になりました。

鳥取砂丘

鳥取砂丘 馬の背   @鳥取県

今日の観光予定は、鳥取観光最大の名所鳥取砂丘です。

鳥取砂丘は、東京ドームで約820個分の広さがある、巨大な砂丘です。

まずは、砂丘センター見晴らしの丘』まで、相棒を走らせていきます。

ここの駐車場は無料となっています。

ここはレストランや売店、展望台などもあって、鳥取砂丘全体を案内する施設となっていますので、まずは最初に行ってみましょう。

砂丘センター』から鳥取砂丘へ足を踏み入れるには、砂丘リフト』に乗って行きましょう。

ちなみに砂丘リフト』は片道300円、往復で400円となっています。

さて、砂丘に足を踏み入れていくわけですが、細かい砂ですので、靴の中にも入り込んできます。もちろん、パンプスやヒールのある靴は砂に埋もれていきますのでNGです。

歩きやすいスニーカーか、或いは簡単に砂が洗い流せるサンダルなどがいいのかもしれませんね。

早朝の砂丘   @鳥取県

今日は、人の少ない早朝に来ています。

その理由は、風によって描かれる『風紋』を足跡が少ない時間に見るためです。

風紋は一定の強さで風が吹くことで、砂が動いて紋様が浮かび上がらせています。

そんな、一定の条件でしかできない風紋も、観光客の足跡で消されてしまうので、早朝に来たわけです。

ハマヒルガオ   @鳥取県

鳥取砂丘は最高46㍍にもなる砂の丘通称「馬の背」や、その周りに広がる風紋、砂丘に広がる植物などが楽しめます。春は5月頃からピンク色の花を咲かせるハマヒルガオが見頃になります。

鳥取砂丘ではいろんあアクティビティもあって、『パラグライダー』や『セグウェイ』『ファットバイク』や『砂丘ヨガ』などのアクティビティを楽しむ事ができます。

もちろん砂の上という事もあって、おなじみの『ラクダ乗り体験』で、砂丘観光をすることもできます。この機会にいろいろ試してみたいですね。

砂の美術館   @鳥取県

鳥取砂丘からもどって、次に向かうポイントは、近くの『砂の美術館』です。

ここは、『砂像』を展示する世界で唯一の美術館です。

『砂で世界旅行』をコンセプトとして、世界各地を毎年テーマを変えて砂像を展示しています。

最初は、「イタリア・ルネッサンス」をテーマとしてサンピエトロ大聖堂などの展示がありました。

近年では、チェコ・スロバキアをテーマとした砂像展示などもありました。とてもクオリティが高いので、毎年見ても楽しめる内容となっています。

早朝からの鳥取砂丘方面の観光をした後も、鳥取市内の観光をしていきましょう。

次の観光地は、『鳥取名物ランチ』『仁風閣』『桜の園』の予定です。

 

 

 

 

 

倉吉市の牛と梨

三徳山三佛寺を、無事に参拝が終わり、次の目的地へ向かっていきます。

その前に、お昼ごはんに行ってきます!お腹が空きました!

牛骨ラーメン

このあたりのご当地グルメを調べてみると、一番はなんと言っても『牛骨ラーメン』のようです。

正直、初めて知ったのですが、なんとなく上品なラーメンのように思えてきます。

私が住んでいる九州は、ご存知のとおり白濁した豚骨王国ですので、牛骨にはなにかしらの高級感を感じてしまいますね。

倉吉市内に入って、ラーメン店を探して行きます。

ネットで調べたお店をいくつか回って、牛骨ラーメンを食べてました。

登山で消費したエネルギーを補填して、『白壁土蔵群』を散策していきます。

白壁土蔵群

白壁土蔵群  ©鳥取県

『白壁土蔵群』は、倉吉市内の玉川沿いに並ぶ、江戸時代から明治時代に建てられた白壁の土蔵が並ぶエリアです。

白と黒の壁のコントラストと、赤い石州瓦の屋根が、レトロ感溢れる街の空気を作り出しているように思います。

およそ1時間位の街歩きコースがあるので、のんびり散歩気分で倉吉の街を楽しむ事ができますよ。

午前中の三徳山三佛寺の疲れがあるので、観光もそこそこに次の予定地へ急ぐ事にします。

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館

なしっこ館  ©鳥取県

鳥取といえば、砂丘と梨というくらい有名ですが、特に二十世紀梨という品種は、日本全国の卸売数量の70%を占めるほどの産地です。

そんな梨の博物館のような施設が『なしっこ館』です。

梨の歴史や、二十世紀梨が、鳥取県に導入されてからの栽培の歴史などの展示がされています。

梨のキッチンギャラリーでは、年間を通して3種類の梨を食べ比べもできるようになっています。

是非、いろんな種類の梨を食べてみたいですね。

倉吉市パークスクエア

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館』が入る一体の施設は、『倉吉パークスクエア』という施設です。

倉吉パークスクエアには、『なしっこ館』以外にも、コンサートホールや、図書館や温水プールなどの公共施設が一体となった施設です。

なかでも、アトリウムはシンボル的施設で、最大高42mの吹き抜け空間を持つ大規模な木造構成で、自然光を十分に取り込むこんで、木造の組み合わせが、とても美しく見応えのある施設になっています。

倉吉市でのんびりした観光をしたあとは、がんばって鳥取市内まで移動していきましょう。

 

 

 

命懸けの参拝! 三徳山三佛寺 投入堂

蒜山高原の景色や高原の牧場などで、のんびりしたあとに本日の宿泊地へ向かっていきます。

今日の宿泊予定地は、鳥取県の名湯三朝温泉です。

蒜山高原から三朝温泉までは、県道422号線から国道179号線などを走って、約50分から1時間程度で、三朝温泉に到着することができました。

三朝温泉(みささおんせん)

三朝温泉 かじか橋

島根県もそうですが、山陰地方の温泉は歴史が古く、ここ三朝温泉『鎌倉殿』のお父さんの時代に、「大久保左馬之祐」の白狼伝説に由来するとも言われています。

三朝温泉の泉質は、高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉です。

ラドンはラジウムが分解されて生じる弱い放射線です。

体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力自然治癒力が高まります。

また、泉気を吸ったり、飲んだりすることで抗酸化機能が高まったり、老化生活習慣病の予防になると言われています。

ホテルで、松葉カニ鳥取和牛を使った食事と温泉を楽しんだ後は、少し懐かしく感じる温泉街を散歩して三朝温泉を楽しみました。

三朝温泉 河原風呂

また、三朝温泉の楽しみの一つに、24時間の『河原風呂』もあります。

ここは、まさに三徳川のほとりにある露天の混浴温泉です。

恥ずかしさを捨てて楽しんでみるのも、旅の醍醐味かもしれませんね。

 

翌日も朝風呂を楽しんだ後に、ホテルの豪華な朝食を頂いて、今日もスタートして行きましょう。

今日のメインは三徳山三佛寺です。

命がけで三徳山三佛寺へ参拝した後は、倉吉市でまったりと『白壁土蔵群』を見たり、鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館』で見学する予定です。

午前中がとにかくハードなので、しっかり食べて準備していきましょう。

三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)

三徳山三佛寺 投入堂

三徳山三佛寺天台宗修験道三徳山法流のお寺です。

三徳山三佛寺のクライマックスは、なんと行っても標高900㍍近くの断崖に立つ、国宝『投入堂です。

三徳山は修行の場という事もあって、投入堂までの道のりは険しいの一言です。

入山する時も、服装や靴のチェックがあり、サンダルなどのグリップが効かない履物などでは、入山することもできません。

サンダルで来た場合でも、受付で草鞋を購入して登ることができますが、裸足で草鞋を履くことになるので、ちょっと怖いかもしれませんね。

また、一人で入山することもできないので、必ず誰かとバディを組んで登る事になります。

今回は、昨日、宿泊した宿の方が協力して頂けるという事で、一緒に来て頂きました。

登り初めてすぐに現われるのが、木の根っこを登る『カズラ坂』です。

カズラ坂

4〜5㍍の急登を、木の根っこに、しがみつきながら登って行きましょう。

次に現われるのが、クサリ坂です。

クサリ坂を登った先にある、文殊』では、柵のついていない建物の縁側に座って、断崖の絶景を楽しむ事ができます。

足を投げ出して座ることもできますが、さすがに怖いですね。

背筋がゾッとする思いです。

いよいよ、投入堂までもう少しのところまで来たようです。

滑りやすい尾根道の『馬の背』『牛の背』を注意しながら登って行くと、急に開けた所にでてきます。

そこには、山道では一度も見ることが出来なかった、断崖絶壁の岩窟の中に造られた投入堂が現れてきます。

投入堂の中に入ることはできず、近くからの拝観のみですが、平安時代後期に建てられたとは思えないような、優美な懸崖作りのお堂です。

険しい道を登ってきた達成感と、投入堂の美しさで何度でも訪れたい場所になりそうです。

大山周遊ルートと蒜山やきそば

米子から大山までは、国道9号線にのって、米子東ICまで行きます。

そこから県道53号線を経由して、県道284号線で『大山まきばみるくの里』を目指していきます。

大山まきばみるくの里

まきばみるくの里


ここは、大山蒜山の周遊ドライブをすると、だいたいの人が休憩したりするのんびりスポットのようです。

名前のとおり、大山の裾野に広がる草原で乳牛を育てている牧場です。

バター作りやアイスクリーム作りなどの体験や、レストランも併設されていて食事をされる人も多いようですが、ここの一番の目玉は、なんと1日4500個も売れるソフトクリームです。

『大山まきばみるくの里』で、ソフトクリームを食べた後は、『大山ますみず高原』を目指していきます。近くなので、それほど時間はかかりません。

大山ますみず高原

ますみず高原

大山ますみず高原は、冬場にスキー場として使われていますが、シーズンオフにはスキー場のリフトを、『天空リフト』に衣替えして、高原の大パノラマへ連れて行ってくれます。

天空リフトを降りた先は、『恋人の聖地』だそうです。

一人で昇っていくには、なかなかの勇気がいりそうですね。

でも、リフトを降りた先の展望台から、日本海を望む景色はまさに大パノラマです。

おしゃれなベンチやハンモックなども設置されていて、とても素敵な場所になっています。

(一人というのを除けば・・・)

下りのリフトは、正面に景色を見ながら下っていくので、登りのリフトよりもお得に感じてしまいます。

大山ますみず高原で素敵なパノラマを楽しんだあとは、岡山県側の蒜山高原(ひるぜんこうげん)へ向かっていきます。

鍵掛峠からの大山

途中で、『鍵掛峠(大山展望台)』や、『鬼女台展望休憩所』で、大山を望む景色を写真に撮ったり、ワインディングロードを楽しんだりとしているうちに、お腹も空いてきました。

蒜山(ひるぜん)やきそば

ひるぜん焼きそば

今日の一番の楽しみは、『蒜山やきそば』です。

ぼくが住んでいる九州では、あまり食べることができない、ご当地B級グルメ

蒜山やきそば』の特徴は、具材に鶏肉を使っている事と、味噌ダレで仕上げる焼きそばということのようです。

目指しているお店は、テレビとかでも有名な『悠々』さんにお世話なりたい思います。

ここは、『蒜山やきそば』も有名ですが、『唐揚げ』も有名なお店のようです。

定食メニューも有るそうで、焼きそばにご飯という『炭水化物 ON THE 炭水化物』という魅惑のセット。

永遠のKING OFオカズ『唐揚げ』が美味しいという事で、楽しみにしていました。

少し遅めの昼食になりましたが、とても満足できました。

お腹も膨れたので、蒜山高原をすこし観光して行きましょう。

 

 

 

 

 

 

島根観光の両参り

宍道湖夕日スポット

宍道湖の夕日 しまね観光ナビより

玉造温泉から松江方面に向かう国道9号線の途中に、宍道湖夕日スポット』があります。

松江方面に向かって右側に駐車場も完備されいて、宍道湖側にも地下道が整備されていて簡単に行くことができるようになっています。

ここは、嫁ヶ島夕日が撮れる絶景スポットで、宍道湖岸を歩ける散歩道や腰掛けて夕日が見れるテラスなどもあります。

『嫁ヶ島と夕日』の写真にとって、今日の宿泊地へ向かっていきます。

今日の宿泊は、美保関を予定しています。

美保関

美保関灯台 しまね観光ナビより

美保関は、島根半島の東の端にある三方を海で囲まれた珍しい港町です。

地理的にも風待ち港としても使える良港で、歴史的にも北前船の寄港地になる交通の要衝地になっていました。

そんな、かつての賑わっていた港町の面影を伝えるのが、『青石畳通り』です。

青石畳通り

青石畳通り しまね観光ナビより

『青石畳通り』は、その名前のとおり、荷物を載せた台車を引きやすいように、海から切り出した石を敷き詰めた通りになっています。

雨の日には、海から切り出した石畳が青く光、町の景観と併せてフォトジェニックな雰囲気を醸し出しています。

江戸時代の台車を引く音や、街の人の賑わう声が聞こえてくるようです。

そんな町の様子を写真に撮りたくて、美保関に宿泊することにしました。

街を散歩した後は、旅館に泊まって明日の朝に備えること事にしました。

美保神社

次の日の朝からは、美保神社にいってきました。

美保神社は、『恵比寿様』総本宮です。

出雲神社の『大黒さま』と併せて両参りをすることで、より良い縁を得ることができるようになると言われています。

朝から、美保神社『恵比寿様』にお参りして、この旅でいいご縁が頂きたいと思います。

境港

 

美保神社にお参りした後は、境港市の境漁港に朝食を食べに行きましょう。

境漁港に併設されている、『境港水産物直売センター』で、水揚げされたばかりの魚介で作った『海鮮丼』や、カニとろ丼』などを食べることができます。

漁港で食べる『海鮮丼』なので、新鮮さは折り紙付きでしょう。

ベタ踏み坂(江島大橋

ベタ踏み坂

贅沢な朝食を食べた後は、CMで有名になった『ベタ踏み坂』へ写真を取りに行きましょう。

『ベタ踏み坂』は、車のアクセルを床まで踏み込まないと登れそうにも無い坂に見える橋です。

これは、望遠レンズで撮る事で、急勾配の坂に見える坂です。

インスタなどのSNSに上げるにはいい場所のようです。

米子城

境湊市をあとにして、弓ヶ浜を左手に見て、米子市へ向かっていきます。

今回は、大山方面へ行く前に、桜の名所でもある米子城から、『桜と大山』の写真を撮りに行きます。

米子城三の丸駐車場に相棒を停めて、石垣だけが残っている米子城天守跡へ登っていきます。

約500本のソメイヨシノが咲き誇る城址と、まだ山頂に雪が被っている『大山』の写真をいい感じに撮ることができそうです。

 

米子城での写真を撮ったあとは、いよいよ『大山』周遊ドライブに向かって行きます。

 

 

松江城から玉造温泉まで

出雲そばを食べた後は、島根ワイナリーへ行きたかったのですが、今回は残念ながら見送って宍道湖を右手に見ながら走れる国道431号線で松江方面を目指して行くことにしよう。

およそ1時間程度で松江城へ到着できそうなので、午後からの時間もゆっくり観光できそうです。

松江城

松江城 しまね観光なびより

まずは国宝『松江城』へ向かっていきましょう。

松江城』は、全国に12城しか残っていない、江戸時代以前に造られ、壊れる事な現存しているお城の一つです。

まずは相棒を『大手前駐車場』に停めて、天守閣へ向かっていきます。

『大手前』から天守閣まではゆっくり20〜30分程度で見ていくことができました。

天守閣内も20〜30分程度でゆっくりと見学できるようです。

江戸時代に建築された、木造建築がそのまま現存していることもあり、歴史を感じられるお城になっています。

天守最上階は『天狗の間』と呼ばれ、360度、松江の町を見渡すことができるようになっています。

ぐるっと松江堀川めぐり

堀川めぐり しまね観光ナビより

松江城の観光でもう一つ目玉は、松江城のお堀を遊覧船で廻る『ぐるっと松江堀川めぐり』でしょう。

これは遊覧船で松江城の内堀と外堀を約50分かけて廻る観光遊覧船です。

内側は松江城、外側は松江の町を眺めることが

でき、観光しながら町の雰囲気を感じることができます。

日常生活の中で、船に乗ることもあまりないので、新鮮な体験です。

遊覧船は周回ルートになっているので、大手前乗船場に戻ってきてくれます。

相棒を停めた駐車場にも近くにあるので、観光をするのには、とても便利です。

玉造温泉

玉湯川 しまね観光ナビより

松江市内の観光を終えたら、玉造温泉へ向かっていこう。

本当はお宿で温泉に入りたところだけど、宍道湖の夕焼けを見る予定もあるので、温泉だけを楽しみに外湯へ行くことにしました。

今回の訪れた外湯は、日帰り温泉玉造温泉 ゆ〜ゆ』です。

玉造温泉 ゆ〜ゆ』は、大浴場から露天風呂、休憩室もあるスーパー銭湯スタイルの温泉になっています。

もちろんお湯は源泉からひいてあります。

島根県の温泉については、以前に書いたとおりですが、島根県の温泉の代表格が『玉造温泉』です。

泉質も、最も多く含まれている、硫酸イオンがお肌に水分をたっぷり補給し、お肌にハリと潤いを与えくれています。

2番目に多く含まれる塩化物泉はお肌の表面に塩の膜を作り、温泉で吸収した美肌成分や潤いを逃さないようしっかりガードをしてくれています。

アルカリ性温泉の性質は角質や汚れを落とす石けんのような効果があり、お肌をキレイにしてくれます。

玉造温泉 ゆ〜ゆ』で、ゆっくり温泉にはいったあとは、玉湯川沿いを散歩して『出雲風土記』に描かれていたような風景を想像していました。

日の入り時間も近づいてきたので、宍道湖の夕日を見に行くことにしましょう。

 

 

 

健康『至高』の出雲そば

出雲そば

しまね観光ナビより

出雲そばというと、丸くて赤い三段重の『割子そば』を想像する人が多いと思います。

それは、出雲そばの特徴の一つでしょう。

『割子そば』だけでなく、『釜揚げそば』出雲そばの特徴の一つになります。

出雲そばの一番の特徴は、『そば粉』が一番の特徴です。

『割子そば』『釜揚げそば』も、どちらの蕎麦も『挽きぐるみ』というそば粉で打ったそばが使われています。

蕎麦の実の、黒い外皮ごと挽いたそば粉を『挽きぐるみ』といい、外皮や甘皮をとってから挽いたものを『丸抜き』といいます。

『丸抜き』も『一番粉』『二番粉』『三番粉』とあり、蕎麦の実の中心部分に近いところが『一番粉』で、『更科そば』などに使われる粉になります。

一方で『挽きぐるみ』は、蕎麦全体のすべての成分を含む『全層粉』になるので、栄養価も豊富で蕎麦の風味も強くなります。

そんな『挽きぐるみ』を使った蕎麦が、出雲そばの最大の特徴になります。

『割子そば』『釜揚げそば』は、食べ方の違いがあるので、それぞれの食べ方を説明していきましょう。

『割子そば』の食べ方

しまね観光ナビより

『割子そば』は、三段重や四段重の赤く丸い容器に蕎麦が盛られていて、薬味やとろろ芋などがそれぞれに入っている場合と、別になっている場合があります。

食べる時には、まず一番上の蕎麦に薬味やツユをかけて食べていきます。

一番上の蕎麦を食べ終わると、一番上の容器に残ったツユや薬味を、下の容器にかけていき、適宜薬味やツユを追加しながら、一番下の容器まで食べすすめ、蕎麦湯を混ぜて美味しくいただいていきます。

『釜揚げそば』の食べ方

しまね観光ナビより

『釜揚げそば』は、茹で上げたそばを水にさらさず、そば湯とともにどんぶりに入って提供され、そこに甘辛いつゆや薬味を足して食べていくものです。

『釜揚げそば』は、なかなか他の地域で食べる事は出来ないと思うので、この機会に食べて行こうと思います。

 

出雲大社の近くには、出雲そばの名店がたくさんありますが、お昼の時間帯はどこもいっぱいになるので、開店間際か少し時間をずらして訪れるのがいいかもしれませんね。

 

出雲そばの名店は以下は以下のリンクから確認をお願いします。

この中で気になるのは、開店時間が早いお店は入りやすいかもしれませんね。

 

www.izumo-kankou.gr.jp